皆さんお疲れ様です!守口班の作業内容をお伝えします。

 

以前予告していた、ロングスパン据付してきたので早速いってみたいと思いますΣ(・ω・ノ)ノ!

img_0542ポンっ!まずは外部足場解体!シートが無い2スパンを払します。

img_0558

ポポンっ!はい!解体おわりー(*’▽’)

2スパン9段、うん。早いですね(笑)

よーし!メインの据付いきまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(。´・ω・)?あれ

img_0556img_0555はい。またやらかしました。(>_<)

写真忘れました。すいませんm(__)m

 

 

まず、機械屋さんの手配で機材の搬入、機材を下ろしながら搬入車両のクレーンを使って

写真赤色の本体を仮組み、仮組したのをクレーンで吊って写真の位置にスポーン!!

って感じでした( ̄▽ ̄;)

img_0559はい!休憩はさんでロングスパンが上に上がるためのレールとレールを固定するための単管の建地の取り付けをしていきます。

上までいけば各階ステージと前養生!

img_0563

img_0566

1Fステージ外部側の組立途中です。

img_0564

前養生の組立途中です。

img_0567これがステージの杉板を敷く前の写真です。

img_0569

2.3.4.5Fのステージは、2スパン梁枠を親、1.5mの単管をコロ、その上に桟木、そして満面の笑みの

お兄さんがビスを止めている杉板という順番で施工します。

img_0562これは1階躯体側のステージです。

ロングスパンと躯体の高さが違うためスロープにしてみました!(^^)!

これで一輪車もスイスイ走れると思います!

img_0572img_0570

ひとつずつ仕舞いをつけて無事終了です。

かなりとびとびの説明で申し訳ないですが、『ロングスパン据付』という作業は据え付ける作業自体はあっという間でした。逆に前養生、各階ステージ、とメイン作業よりも時間が掛かるほうが多かったです。

また、自分のイメージ通りに進んで嬉しかったこと、上手くいかなった作業で悔しかったことの経験を

次に活かして頑張ります!

というところで今日はこの辺で(‘◇’)ゞ

機械屋さん、笑顔のお兄さんありがとうございました。

また最後まで読んでくれた方々ありがとうございました。

それでは、明日も『ご安全に』( `ー´)ノ

 

 


和設株式会社
〒590-0954
大阪府堺市堺区大町東2-1-27-3F
072-225-4290